ウォーターサーバーの水の種類

ウォーターサーバーの水の種類

特定の水源から採水された地下水をろ過し、沈殿及び過熱殺菌の他には物理的・化学的処理を行っていない水のことを天然水と呼んでいます。

 

それに対して、「RO膜」という超極小のフィルターを使って殆んどの不純物を取り除いた原水に近い水のことをRO水といいます。

 

「RO膜」は1000万分の1mm以上のものは通さないというので、非常に澄んだ水だといえます。

 

天然水は、自然のフィルターによりろ過され、何十年もかけて地下に染み込むことから、ミネラル成分を豊富に含んでいます。ミネラル成分は採水地によって含まれる内容や量が異なりますが、カルシウムやマグネシウム、亜鉛をはじめ、「糖尿病抑制効果」があるといわれる「バナジウム」などを含む天然水もあります。

 

ミネラルは人体の調子を整えるのに、必要不可欠な成分です。現代人には不足しがちといわれ、毎日飲む水でミネラルを補給できるのは大事なことです。特に日本の天然水に多い軟水は大変飲み口がよく、料理やお茶・コーヒーなどに使っても美味しくいただけます。

 

一方、RO水は医学用に開発された使用用途の広い水です。

 

NASAのスペースシャトルでも使われ、通常では取り除けないような不純物も取り除いてあるので、アレルギー体質の方や、妊婦さん・赤ちゃんも安心して飲む事が出来ます。

 

不純物が極端に少ないことから、人体に吸収されやすく、水分補給がスムーズに行われることも特徴です。ミネラル成分は含まず、クセがないので飲みやすいため、特に日本茶や煮物が美味しく仕上がります。

 

採水地にこだわらないRO水は人工的に作ることが可能で、天然水より低価格で販売される傾向があります。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他