ウォーターサーバーのメリットとデメリット、注意点

ウォーターサーバーのメリットとデメリット、注意点

ウォーターサーバーを導入するメリットの第一は、お店にペットボトルの水を購入しに行く手間が省けるということでしょう。最近では、浄水器を設置していても、そのまま飲む飲用水に水道水を利用する人は稀なようです。

 

水を飲みたいときにはペットボトルを買ってくるという方が、多いのではないでしょうか。毎日のこととなると、重いペットボトルでの水の購入は、負担を感じるものです。女性や高齢者にとっては特に、2リットル入りのペットボトルを1本持ち帰るだけでも大変なはずです。

 

ウォーターサーバーの水には1パックが7リットル入った軽量サイズもあるので女性でも設置が簡単です。

>>1パック7L軽量パックはフレシャス

 

清潔な冷水や温水をいつでも使える、というメリットもあります。そのまま飲むだけでなく、お湯をわかす手間いらずでお茶やコーヒーを飲むことができますし、調理に使うにも便利です。

 

熱いお湯が出るのは小さなお子様がいるご家庭では心配かもしれませんが、多くのウォーターサーバーにはチャイルドロックがついているので安心です。

 

災害時や断水のときなど、万が一水道水が使えなくなったときにも、ウォーターサーバーがあればある程度の期間は水に困りません。業者によっては、未開封の水が1年間ももつ場合もあります。ウォーターサーバーによっても、急な停電時に使用できるタイプもあります。

 

メリットばかりを述べてきましたが、ウォーターサーバーにはデメリットもあります。一つに、量販店での水購入に比べると、水の代金が高いということが挙げられます。

 

コンビニや自販機などで購入するよりは安くても、スーパーや量販店で購入するよりは高くついてしまうのが気になる方もいるでしょう。ただ、衛生面や使い勝手、水の質などをを考慮すると、少しぜいたくでも導入するメリットは高そうです。

 

サーバー代やメンテナンス代の問題も、あります。ウォーターサーバーの電気代は、電気ポットよりもかからない場合が多いのが現状です。ペットボトルを冷蔵庫で冷やすことを考えれば、電気代はそれほどの負担にならないと判断することもできます。

 

メンテナンス代は、業者によって無料のところもあれば多少かかる場合もあります。あらかじめ調べてから、サーバー業者選びをするのが無難です。

 

ウォーターサーバーの設置スペースが問題で、導入をあきらめた方もいるかもしれません。これは、卓上タイプなどを検討する余地もあるので、サーバー業者をいろいろ調べてみましょう。

 

以上のようなメリット・デメリットの双方を見てみると、デメリットがメリットを上回るほどの負担になることは少なそうです。もちろん利用者の状況次第でさまざまな事情を乗り越えられればということもありますが、ウォーターサーバーは使ってみて初めて非常に重宝するものだとわかります。

 

短期間で解約する人も少なく、一度使うと気に入って長期間利用する人が多いのです。無料のレンタルサービスを行っている業者などもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>ウォーターサーバー人気ランキングへ

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他