ウォーターサーバーに設置される水

ウォーターサーバーに設置される水

ウォーターサーバーの各業者で扱われている水の種類には、「天然水」「RO水」「ナチュラルウォーター」「ミネラルウォーター」など、様々な種類があります。それぞれの水の特徴を見ていきましょう。

 

ナチュラルウォーターは、厚生労働省の食品衛生法による規定によると特定の水源から採取された地下水のことをいいます。原水は、採水されると濾過、沈殿、加熱殺菌の処理を経ますが、それ以外の処理は行ってはいけないことになっています。

 

他にオゾン殺菌や紫外線殺菌などの物理的・化学的処理を行うと、「ナチュラルウォーター」と言うことはできないのです。特に、ミネラルが溶け込んだ場合は、「ナチュラルミネラルウォーター」として別途区分されます。

 

地下水として地下を移動しているうちや滞留中に、地層などに含まれるミネラル成分が溶解すると、やはりナチュラルウォーターのうち、移動、又は地層に含まれる溶解したものを「ナチュラルミネラルウォーター」として分類されます。

 

ヨーロッパに行くと、天然の二酸化炭素が溶解して発泡性を持った地下水も存在します。これもまたナチュラルミネラルウォーターに分類され、ミネラル成分が多いと硬水、少ないと軟水としてさらに分類されます。ミネラルが多く含まれた水には、健康志向が強い昨今、人気が高まっています。

 

天然水はナチュラルウォーターと同様に、特定の水源から採水された地下水を原水としています。ミネラル成分が溶解している水を指し、ミネラル成分を添加したり、ミネラルウォーターとナチュラルミネラルウォーターを複数混合しても呼称は変えずに済みます。

 

水を空気にさらして水分に空気を供給する「ばっ気」や、オゾン殺菌などによる処理を行ってよいのも自由性のある天然水の特徴です。

 

RO水は、採取した水に特殊なフィルターである「RO膜」にてろ過を施した水のことをいいます。「RO膜」とは、Reverse Osmosisと呼ばれる0.0001ミクロンもの超微細孔のフィルターです。通常のろ過では除去しきれない不純物や金属類、ダイオキシンやトリハロメタン、大腸菌0-157などの有害物質を除去することができます。

 

不純物と一緒にミネラル成分まで除去されるので、無味無臭の限りなく純水に近い水に仕上がっています。採水地には規定がなく、人工的に製造することも許されているため、価格が低めの商品が多いのが特徴です。

 

ピュアウォーターは、その名のとおり呼ばれる不純物が含まれない水で、「純水」と呼ばれています。自然に存在する水には全て、金属類や有害物質、ミネラル成分などの不純物が含まれており、これらを人工的な手段で除去したものをいいます。

 

除去の手段に規定は無く、RO膜を使用した「RO水」もピュアウォーターの一種です。全くの無味無臭なので、赤ちゃんからお年寄りまで幅広く、誰にでも安心して飲む事が出来ます。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他