家庭でのウォーターサーバーの活躍

家庭でのウォーターサーバーの活躍

業務用として定着してきたウォーターサーバーが、家庭用に急速に普及し始めています。健康志向ブームもあって、水道水への安全性が懸念され、家庭にウォーターサーバーを設置して安全で美味しいミネラルウォーターを利用しようとする人が増えてきたのです。

 

店舗やオフィスなどに設置される場合は飲料用として利用されるのがほとんどのウォーターサーバーですが、家庭用に設置すると活用の幅はさらに広がります。どんな活用法が期待できるか、見てみましょう。

 

最も基本的な活用法は、飲み水としての利用です。人間が生命活動を健康に営むには、お茶やジュースで水分補給をするよりも普通の水を飲むのが一番適しています。

 

ところが水道水はカルキ臭が強く、トリハロメタンなどの発ガン性物質なども疑われています。浄水器を通した水も、そのまま飲むには美味しいとはいえません。そのため、多くの人が飲用に利用しているのがペットボトルのミネラルウォーターです。

 

500mlサイズで約100円のペットボトルを購入するのは臨時にはいいかもしれませんが、毎日となると経済的な負担となってきます。そこへいくと、ウォーターサーバーの水は500ml換算で100円以下になるものが一般的で、水もこだわりの天然水ばかりです。

 

飲み口がよく、サーバーが適度な冷水にしてくれているので、水がこんなにおいしいものだったなんてと目からウロコの体験ができるでしょう。そのまま飲む以外にも、お茶やコーヒーにして楽しむこともできます。

 

ウォーターサーバーの水でお米を炊くと、ミネラルがたっぷりのふっくらしたつやつやご飯に仕上がります。飲料水には気を遣っても、お米を炊くときにまでミネラルウォーターを使っている人はまだまだ少数派かもしれません。ウォーターサーバーの水なら、ペットボトルから利用するよりも遠慮なく使いやすいのが安心です。

 

毎日炊くご飯ですから、体内に吸収する水分も多いもの。水の味や質には気を付けて、安全で美味しいものを使用したいものです。

 

ご飯だけでなく、料理をするときにも水を使うシーンはたくさんあります。食材を洗ったり、煮たり、冷やしたりと、全ての過程でウォーターサーバーの水を使うのはさすがに考えてしまいますが、煮物や汁物には積極的に利用しましょう。

 

ウォーターサーバーの水は癖がなく、ミネラル分が豊富なので、薄味の料理も美味しく出来上がります。

 

大人でも水道水を使っていると安全性が危惧されるほどですから、抵抗力の弱い赤ちゃんには特に安全な水を使ってあげたいものです。非常にデリケートな赤ちゃんが飲むミルクは、ほとんどが水で構成されています。そのため、赤ちゃんのいるご家庭ではウォーターサーバーをいち早く取り入れたところが多いようです。

 

ウォーターサーバーの水は天然水をろ過したものがほとんどで、赤ちゃんにも安心して与えられます。温水にも冷水にも瞬時に変えられるウォーターサーバーは、赤ちゃん用のミルクに適した60度ほどのぬるま湯がすぐに完成します。

 

通常なら熱湯を沸かしてぬるま湯になるまで冷ましておくか、電気ポットで60度のお湯を作る手間がかかります。その点、ウォーターサーバーならあっという間にミルクが完成するというわけです。お腹がすいた赤ちゃんを待たせる心配がなく、毎日のミルク作りに役立てることができます。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他