ウォーターサーバーをレンタルするか購入するか

ウォーターサーバーをレンタルするか購入するか

ウォーターサーバーを導入する場合、本体をレンタルにするか購入するかは大きな迷いどころです。業者によって種類も費用も違ってくるサーバーは、利用者側でどちらが向いているかを十分吟味する必要がありそうです。レンタルと購入のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

まず、レンタルで大きなメリットとなるのは、初回導入費用を安く抑えられる点です。ウォーターサーバーを導入する際には、本体の他に初回の水代も同時にかかります。購入するとなると、初回費用がかさむというのが心配ですね。

 

最近ではレンタルでウォーターサーバーを導入する家庭も増えており、レンタルの場合は月々1000円前後で安価に利用することが可能です。水を購入することを前提に、サーバーは無料レンタルしている業者も少なくありません。

 

使用を止めるときにはサーバーを業者に返却することになるので、処分に困るということもありません。デメリットとして考えられるのは、レンタルしているという都合上、取り扱いに慎重にならざるを得ないということです。

 

故意の事故による破損や故障などが起きたら、業者の判断次第ではサーバーを弁償しなければならない可能性も出てきます。レンタル料が無料とはいえ、油断できないのが心配なところです。

 

一方、サーバー買い取りのメリットは、購入した時点で完全に自分のものになるところにあります。月々のレンタル料は不要ですし、ぶつけてしまったりお子様によるいたずら書きなどにもあまり神経質になる必要がありません。

 

自由に使いこなせるという点が、メリットといえます。デメリットは、やはり初回費用の面にあります。購入には数万円からの費用がかかり、不要になった場合でも保管場所や処分方法に困ってしまう可能性があります。ただし、有料でレンタルをするのに比べると、長期間使用するなら買い取りのほうがお得といえます。

 

レンタルと買い取りでは、レンタルサービスに力が入れられているのが現状です。初回に数万円はかかってしまう買い取りタイプは下火になりつつあり、無料レンタルサーバーの人気が高くなっています。ただし、買い取りのメリットを考えると、分割でのサーバー購入などを検討する価値もありそうです。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他