重水と軽水の違い

重水と軽水の違い

一口に水といっても、化学的な構造上では重水と軽水の2種類があることをご存知でしょうか。飲料水などの生活用水に使用されている水は、軽水です。化学式で指すところのH2Oで、水素原子(H)が2つと酸素原子(O)が1つという構成になっています。

 

1943年、アメリカの学者であるユーリーにより、水素原子と酸素原子の他に通常の水素原子の約2倍の質量を持った水素原子が発見されました。発見された水素原子は、通常のHと区別するためにDと表記されて重水素と名付けられました。

 

重水とはこのDを含む水であり、化学式ではD2Oと表記されます。
重水と軽水の違いはまず、原子構造の違いにあるのです。

 

さらに、重水と軽水の違いを見ていきましょう。重水は自然界に普通に存在している原子で、量としては少量です。見た目や味は軽水と変わらず、私たちが飲料水として飲んでいる水分の中にも微量の重水が含まれています。

 

ところが、重水を体重に対して10%以上摂取してしまうと、生体内機能に異常をきたし、生命にかかわる場合があります。使用されている代表的なところでは、医療分野で放射線治療などの減速材として、また重水炉と呼ばれる原子炉の減速材などがあります。

 

一方、一般的な水を指す軽水は、飲料水や洗濯、風呂などの日常的な場面で普通に使用されています。私たちが毎日接触している水は、この軽水と思って間違いありません。

 

実は、天然水は99.74%を軽水が占め、残りを重水が占めています。重水を完全に軽水から除去することは困難なため、軽水の中にも微量の重水が含まれているのが事実です。つまり、日々わずかながらでも重水を飲料水などで摂取しているということになります。

 

そこで注目したいのが、新しい水の種類です。通常は一般の水を軽水とは呼ばず、重水との比較時に軽水と呼んでいますが、その中でも超軽水とした軽水が存在します。

 

超軽水は重水素を限りなく減少させた軽水で、ガン細胞の抑制に効果があるという説があります。宅配水のサービスなどでは、重水素濃度を減少させたミネラルウォーターを取り扱っているメーカーもあります。健康に良いとされるので、試してみるのもよいでしょう。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他