軟水と硬水の特徴

軟水と硬水の特徴

美容やダイエット目的でミネラルウォーターを購入している人には、水の硬度について見聞きした覚えがあるでしょう。水は、硬度によって軟水と硬水に分けられます。

 

水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量の度合いから、硬度が決まります。硬度の単位には、ドイツ硬度のdh、アメリカ硬度のppmがあります。

 

dhは水100ml中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を酸化カルシウムの量に換算したもの、ppmは炭酸カルシウムの濃度に換算したものです。

 

両者には相互関係があり、1dh=17.8ppmとされています。日本で飲料水や洗濯・風呂などに使われている生活用水は、80%が80ppm以下の軟水です。一方、主に欧州では、硬水が中心に使われています。

 

ppm値が0〜120までの水は、軟水と指定されています。40ppm上昇するごとに極めて軟水、軟水、やや軟水の3つに分類されており、硬度80ppm前後の日本の水道水は軟水に位置しています。飲んだときの味がまろやかであること、石けんなどの泡立ちがいいことから、飲料水や洗濯用水などに適しているとされます。

 

和食やコーヒー、お茶などの抽出して飲用する場合には、硬水より軟水が向いているといわれています。最近では家庭用にウォーターサーバーを設置して宅配水サービスを利用するのが人気ですが、その水も軟水が中心になっています。水道水よりさらに硬度が低い30ppm程度の水で、まろやかな口当たりが特徴です。

 

逆に、硬水は120ppm〜300ppm以上の硬度を持つ水のことです。アメリカやヨーロッパの水には硬水が多く、日本でも一部の関東地方や沖縄などで使用されています。硬水の特徴は、体内に吸収されにくいマグネシウムイオンが含まれていることです。

 

そのため、飲料水として摂取すると、大腸に長時間残留して水分の吸収を妨害するということがわかっています。腸内に水分がたまると、お腹を下したりする原因となります。その原理を利用して、便秘解消に役立てようとわざわざ硬水を飲む人もいます。

 

生活用水では、硬水で石けんを泡立てようとすると泡立ちにくいことに加え、石けん成分である脂肪酸とナトリウムがマグネシウムイオンに反応して石けんかすを生じます。このため、洗濯や入浴には不向きで、使用し続けていると排水口のつまりなどの原因となります。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他