水道水の危険性

水道水の危険性

最近では、様々な日常用水に浄水器を通した水を使っている人が多数です。「水道水は危険」という評判が、流通しているからです。ではなぜ水道水が危険なのか、その理由を詳しくご存知でしょうか。

 

大きな危険要素として挙げられるのは、水道水の残留塩素の問題です。日本の水道水には、0.1ppm以上の塩素が投入されています。これは水道法により義務付けられていることで、塩素は殺菌処理のために投入されます。

 

水道管を通った水が蛇口から排出されるまで細菌に汚染されたりしないよう、最後の最後まで塩素が残るような仕組みになっています。

 

これを残留塩素といい、水道水を細菌汚染から守ると同時に、それだけ強力な殺菌力から人体にも有害な物質であると認識されています。例えば、以下のようなデメリットを人体に引き起こす要因となっています。

 

●乾燥肌
塩素は、主にタンパク質で構成される髪や肌に大きなダメージを与えます。髪がパサパサになったり、肌が乾燥してカサカサになったりするのは、塩素から与えられたダメージにより髪や肌が破壊されてしまった状態です。

 

●ビタミン破壊
近年判明していることに、塩素が食品の細胞に入り込んでビタミンを破壊する作用があります。薬科大学では、水道水で野菜や米などを洗うと食材の持つビタミンが10〜30%減少したという研究成果を出しています。

 

●カルキ臭
かつては水道から生水を飲むのが普通だった一般民家でも、カルキ臭の強さから水道水を飲むのを断念したというケースが少なくありません。塩素が水中のアンモニアに反応すると、独特の臭いを発生します。これがカルキ臭で、水道水がまずいと言われる代表的な原因です。

 

この他にも、水道水が危険といわれる要因があります。水道水は水道管を通って水道へと流されていますが、かつて水道管には鉛が使われていました。現在はライニング鋼製やステンレス製が主流ですが、こうなったのは鉛が溶け出して水に混入するという危険性が判明したからです。

 

現在は鉛製の水道管は使用禁止となっていますが、古くから続いている民家の水道管などには現在でも鉛管が使用されている場合があります。鉛の危険なところは、水に溶けやすく体内に入ると排出されにくい性質を持っているところです。

 

体外に排出されにくいため、体内に蓄積されていくとやがては脳炎や痴呆、腎臓障害などを起こす原因になりかねません。不眠や疲労感、頭痛などの症状を起こすこともあり、子供の学力や記憶力の低下など脳への影響も懸念されています。

 

こうしたことから、少なくとも飲料や料理などには水道水を使わないのが無難です。様々な水道水の危険性が判明して以来、水道水の塩素や鉛を除去する浄水器などを取り付ける家庭が増えていますが、最近ではウォーターサーバーの設置に人気が高まっています。

 

ウォーターサーバーのミネラルウォーターは、浄水器を通した水とは異なります。浄水器を通した水は有害物質が除去されてはいますが、健康にメリットを与えてくれるという特徴はありません。もともとは水道水なのですから、当然ですね。

 

ウォーターサーバーを設置する宅配水サービスのミネラルウォーターは、日本各地の名水が原水です。水道水のように塩素や鉛を含まないのは大前提で、プラスアルファとして豊富なミネラル分を含んでいるのがメリットです。

 

有害物質を含まず、健康にも良い水を日常に取り入れたいのであれば、浄水器よりも宅配水サービスをおすすめします。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他