水分補給の注意点

水分補給の注意点

成人に必要な水分量は、一日に1.5〜2リットルといわれています。食事や体内での代謝で補給される水分もありますが、多くは飲料水として意識的に摂取する必要があります。それも、ただ必要な量をどんな風にとってもいいというわけではありません。

 

水分補給は正しい知識をもって行わないと、逆に健康を損ねる恐れすらあるのです。水分補給をするにあたって、押さえておきたいポイントを紹介します。

 

一日に必要な1.5〜2リットルの水分は、摂取の際の配分量が重要です。一気に飲んでしまえばいいと思うのは、間違いですので気を付けてください。

 

なぜ一度に大量の水を飲むのがよくないかというと、胃に負担をかけてお腹の調子を悪くしたりする場合があるからです。一回に飲む水の量は、大体200mlが適量です。ちょうどコップ一杯分くらいに相当する量なので、わかりやすいでしょう。

 

コップ一杯の水を数回に分けて一日の必要量を摂取すればいいだけですが、就寝時や入浴時など発汗しやすいときには欠かさず水を飲むようにしておきましょう。

 

朝起きてすぐや、お風呂上りに水を一杯飲むと、体から余計に水分が奪われている状態を解消することができます。

 

さて、水分量さえ守ればどんな水分を摂ってもいいのではないかというと、そうではありません。ジュースや清涼飲料水などには糖分が多く含まれているものが多く、飲料水の代わりに大量に摂取するのは好ましくありません。

 

なぜなら、糖分の摂取の目安は体重1kgあたり1g程度が理想とされているからです。1.5〜2リットルの水分を補給する際に毎回糖分が含まれた飲み物を飲んでいると、糖分摂取過多となり糖尿病などの原因になりかねません。

 

では、お茶ならいいのではないかと思う人もいるでしょう。糖分を含まないお茶にはカテキン効果などがあり、体にいいと考える人も少なくありません。しかし、お茶を飲むとカフェインを摂取することになり、利尿作用が水分補給には向かないとする説もあります。

 

最も水分補給にふさわしい飲み物は、ズバリ!水です。といっても、水道水や浄水器を通した水を飲むのは抵抗があるという方にこそ、ウォーターサーバーの設置をおすすめします。

 

会社などに設置されるシーンが多かったウォーターサーバーですが、最近では家庭への設置が増えています。ミネラルウォーターを宅配してくれる宅配水サービスも大人気で、検討しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

毎日安全で味のおいしい水、しかもミネラル豊富で栄養に優れた水を毎日手軽に飲める宅配水は、健康な体づくりには欠かせないサービスです。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他