体に良い水はどんな水?

体に良い水はどんな水?

一般的に、一日に約2リットルは必要とされる水分。人の体は60%を水分が占めているとされ、毎日水分を補給しないと生命の危険にも陥るといわれています。そのため私たちは、毎日必要な水分を体外から補給しています。

 

このとき摂取する水分が、もしも体に害を与えるような水だとしたら一体どうなってしまうでしょう。体の半分以上をも占める水分は、摂取する種類に気を遣いたいものです。しかし、体に良い影響を与える水とは、実際どのような水なのでしょうか。

 

まず考えられるのは、体内に吸収されやすい水分であるということです。体内に入ると腸に吸収される水分には、吸収されやすいものと吸収されにくいものがあります。

 

違いは、水分子の集合体であるクラスターの大きさにあります。腸に吸収されやすいのはクラスターが小さく、腸への負担も少ない水です。

 

塩素などの有害物質を含まない水であることも重要です。水道水が良くないとされるのは、殺菌のために投入が義務付けられている塩素が主な原因です。水道管を通って蛇口から出てくるまで残るほどの塩素が含まれている水道水は、塩素による様々な人体への影響が懸念されています。

 

皮膚や喉の粘膜から水分を奪って乾燥させたり、発がん性のあるトリハロメタンを発生させる原因ともなっているのです。このような有害物質を含む水を慢性的に摂取し続けるのは、気が進みませんよね。

 

ミネラルを含む水であるということも、良い水の条件です。ミネラルウォーターというと単純に水のことを指すと思っている方もいるかもしれませんが、違います。ミネラルウォーターには、ミネラルが豊富に含まれているので人体への好影響も期待が大きいのです。

 

カルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの4大ミネラルの他、亜鉛や鉄などミネラルには様々な種類があります。生体にとって欠かせない五体栄養素の一つであり、糖質・脂質・タンパク質・ビタミンと並んで重要な栄養成分です。

 

しかし、栄養が偏りがちな現代人にはミネラルが不足しています。どのみち摂取しなければならない水分にミネラルが豊富に含まれていれば、必ず必要な水分と栄養分を同時に補えることになり一石二鳥です。

 

このことから、天然水やミネラルウォーターを摂取するのが、健康には一番良いと考えられます。特に、上記に挙げた条件を満たす水となると、宅配水サービスのミネラルウォーターがよさそうです。

 

日本各地の名水を原水とした宅配水サービスのミネラルウォーターは、塩素ではなくろ過や過熱殺菌などで処理しています。残留塩素などの有害物質の心配がないのは、かなり安心要素の大きい水といえます。

 

原水とされる名水にはミネラルが豊富に含まれるため、飲むだけで不足しがちなミネラルの補給が可能です。忙しい現代人には、またとない便利な栄養源といえるのではないでしょうか。体内への吸収率も高く、毎日ゴクゴク飲めるおいしさもポイントです。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他