人体の6割を占める重要な水分

人体の6割を占める重要な水分

成人の体内を水が占める割合は、60%だといわれています。乳幼児では約80%が水分だというのですから、いかに人体に水分が必要なのかがわかってきます。生きていくために必要不可欠な血液は90%や脳が80%、網膜は92%が水分で形成されているというのは驚きの数値です。

 

水を飲まないでいると人は4〜5日程度しか生きられないといわれているのも、納得できます。人間は水をガソリンにして動く自動車のようなものだと、表現されることもあるほどです。このように人体に必要不可欠な水分は、実際どのような役割を果たしているのか見ていきましょう。

 

水は、体内に入ってくるさまざまな栄養素を血液として運搬する役割を果たします。体の中に栄養分がなくなると、機能が正常に働かなくなってしまうのは容易に想像がつきますよね。常に血中から栄養分を補給することは、人体が活動するのに必要不可欠な要素なのです。

 

ところが、水分が不足すると血液がどろどろになってきて、血管の中をスムーズに流れなくなってしまいます。いわゆる、さらさらの血液状態なら血行が促進されて栄養分の体内循環もよくなるのですが、どろどろ血液では体内の各細胞への栄養素や酸素の供給に支障が出てきます。そして、脳梗塞や心筋梗塞などの病気を誘発する原因となるのです。

 

栄養分が血液を通して細胞に供給されると、老廃物が排出されます。老廃物が体内に蓄積されてしまうと、やはり生体内機能に様々な障害をもたらします。老廃物を含んだ血液は、大量の水分と共に腎臓を通過します。

 

このとき、ろ過が正常に行われると、老廃物を落としておそうじされます。残った老廃物は水分と一緒に膀胱に送られて、尿として排出されます。

 

水の役目には、こうした体内のクリーン化という重要な働きがあるのです。さらに、水には体内の温度が上がり過ぎないように調節する機能があります。人間の平熱はおよそ36〜37度ですが、これが上昇すると発熱状態となり、体調不良を招きます。

 

発熱はいつかは下がると思われがちですが、ときには命をも脅かす危険な状態です。そこで、人体は体内の温度が上昇すると汗を出して体内の熱を外に逃そうとします。

 

水は蒸発時に熱を奪う性質があるので、発汗することで熱が下がっていくのです。しかし、水分が不足していると発汗することすらできません。

 

このように、人間の生命活動を維持するために欠かせない水の役割は大変重要なものです。体内で水分が不足してくると、生命に関わると考えて間違いありません。そのため、毎日意識的に水分を補給するのは、生命維持と健康な体を作るのに必要不可欠です。

 

水分は、お茶やジュースなどよりも、水そのものの状態で飲むのが最も有効です。ですが、安全性が懸念される水道水を飲むのに抵抗を示す人が多いのも事実です。浄水器を通した水道水も、飲用にゴクゴク飲めるかというと、美味しさの点では首をひねってしまいます。そこでおすすめしたいのが、宅配水のサービスです。

 

自宅にウォーターサーバーを設置してミネラルウォーターを宅配してもらうことで、いつでも美味しい水を飲むことができます。そのうえ健康にもいいということで、宅配水の人気は近年大きな盛り上がりを見せています。毎日の健康習慣を水から…そんなことがかなう宅配水の利用を検討してみませんか?

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他