バナジウムを含むミネラルウォーター

バナジウムを含むミネラルウォーター

富士山の地下には玄武岩という岩層が連なり、富士山に降り注いだ雨や雪が地層深くまで侵入しています。玄武岩にはバナジウムという元素が豊富に含まれ、そこを長期に渡って浸透した水は、バナジウム含有の天然水として貯蔵されます。

 

バナジウムはパセリやマッシュルーム、貝類、エビ・カニなどの食材に多く含まれていますが、富士山周辺から採水された水にも豊富に含まれているのです。

 

この富士山の天然水を原水としてミネラルウォーターに精製したものをバナジウム天然水と呼び、宅配水として流通するケースが増えてきました。

 

バナジウムは、地表に広く存在する微量金属元素の一種です。人体にも0.1〜1mgほど含有しているといわれ、マグネシウムやナトリウムなどと同様に人体に必要なミネラル分として分類されています。18世紀中に発見されていたといわれるバナジウムは、さまざまな美しい色に着色されることで知られています。このことから、スカンジナビア神話の愛と美の女神「バナジス」に因んで1830年にバナジウムと命名されました。

 

そんなバナジウムが一般に注目され始めたのは、2000年頃からです。ミネラル分の一つであるバナジウムは、コレステロールの沈着防止や脂質・脂肪酸などの代謝を促す効果に期待を持たれています。

 

ラットを使った実験でも血糖値を下げるインスリンに似た働きを持つことが判明しました。現在では、人体にも糖尿病治療薬として利用できるのではないかと注目されています。また、理論上は抗凝血薬の作用を強化する働きがあると示唆されています。

 

これは、動脈硬化の予防に期待を持たれています。バナジウムを含むミネラルウォーターを宅配水としてサービスしている業者が増えており、愛用者も全国に広がりつつあります。

 

誰もが日常的に飲用する機会のある水から、健康へのメリットを期待できるバナジウムを摂取できるのは、とても便利です。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他