赤ちゃんにも安心のウォーターサーバー

赤ちゃんにも安心のウォーターサーバー

赤ちゃんのいるご家庭でウォーターサーバーを導入する場合、水の種類に注意したいところです。赤ちゃんはミルクだけを飲んで成長しますから、ミルクを溶かす水選びは慎重にならないといけないのです。では、赤ちゃんにとって安全で安心な水とは、どのような水なのでしょうか。

 

ミネラルは人体に必要不可欠な栄養素であることから、より多くのミネラルを含む硬水がミルク作りにも適しているのではないかと考える方がいます。しかし、これは勘違いだと思ってください。授乳直後によく吐いたり、ウンチを水のようにやわらかい状態で排泄する赤ちゃんは、まだまだ消化吸収や排泄機能などが未熟です。

 

内臓の成長が未発達なのに、硬水のように体に負担がかかってしまうミネラルウォーターを与えるのは、酷というものです。まずは、ミネラルウォーターに硬水と軟水があることを知っておきましょう。

 

硬水には、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムが多く含まれています。このようなミネラル分を摂取し過ぎると、大人でも高血圧、下痢、動脈硬化、その他多くの疾患を引き起こします。

 

上記の成分は、すでにミルクにもバランスよく配合されているため、さらにミネラルウォーターを与えてしまうのは当然摂取過多につながります。デリケートな赤ちゃんの体に必要以上の成分が入ると、どんなことが起こるかとても心配です。

 

大人の場合は、硬水のミネラルウォーターを飲むと便秘によく効くなどの話を見聞きしたことがないでしょうか。
ミルクだけを栄養源とする小さな赤ちゃんの体にそんなことが起こったら、あっという間に下痢から脱水症状を起こしてしまうかもしれません。

 

赤ちゃんの体はほとんどが水分で構成されているので、水は重要な要素なのです。大人には安全な成分でも、赤ちゃんに与えるときには細心の注意を払うようにしてください。

 

日本でよく採水される水である軟水や「RO水」と呼ばれる不純物を限りなく除去した水は、ミルク作りに最適です。特にRO水は不純物が綺麗に取り除かれているため、ミネラル成分すら含んでいないのが特徴です。

 

1000万分の1mmという極小のフィルターでろ過した「RO水」は、「ピュアウォーター」とも呼ばれます。その名の通り、ウイルス、細菌、ミネラルなど人体に悪影響を与えそうな不純物は極限まで取り除かれているのです。

 

ウォーターサーバーで取り扱われているRO水は、天然水を極小のフィルターでろ過しています。赤ちゃんの体に負担がかかりにくいことはもちろん、大人の体にもやさしい水といえます。水の中に不純物がないためミルクの溶けもスムーズで、大人がサプリメントや薬を飲むにも適しています。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他