ウォーターエナジーの特徴とキャンペーン

ウォーターエナジー

ウォーターエナジーは、従来のウォーターサーバーの概念をくつがえす画期的な工夫を施したウォーターサーバーです。従来のウォーターサーバーは、タンクや蛇口が一体化しているタイプが主流でした。

 

一見便利そうに見える一体型のウォーターサーバーも、安全面を考えるとタンクそのものに空気が混入する恐れがありました。

 

空気中の雑菌やウイルスがタンク内で繁殖すると、サーバー内が汚れて細菌の巣窟になったりします。

 

ウォーターエナジーはそんな従来品の欠点を補うため、安心・安全な水の提供にこだわって新たなウォーターサーバーを開発しました。殺菌・密封・冷蔵という食品衛生の3原則を守った作りになっていて、安全性と衛生度において極めてハイレベルな品質を誇っています。

 

ウォーターエナジー

 

サーバー内での雑菌繁殖を防ぐためにウォーターエナジーが採用しているのは、独自のバック・イン・ボックス(BIB)方式です。

 

BIBとは、蛇口付きのポリエチレン製バック(容器)をダンボール箱で外装した複合容器。ダンボールの一部をミシン目に沿って切り抜き、抽出口部分を引っ張り出すだけで簡単に使用することができます。

 

ダンボール箱のままでウォーターサーバーにセットして、使い終わったらダンボールごと取り出して廃棄すればいいだけ。タンクも蛇口もオールインワンで、飲みきった後は使い捨てになるので、常に清潔な状態を保てるのです。バックの中は限りなく空気が入りにくい仕様になっており、雑菌が混入するおそれもありません。

 

従来品のように、タンク内の掃除や蛇口・配管の面倒なお手入れも一切不要なのは楽ちんです。それでいて、ウォーターサーバーの冷却機能は変わらず、いつでもおいしく冷たい水を飲めるわけです。

 

ウォーターエナジーが採用しているミネラルウォーターは、大分県の『日田天領水』です。”奇跡の水”として名高い理由は、飲むだけで末期ガンやアトピーを含むあらゆる病を治癒する水として評判となっているから。大分県日田市の地下1000mからくみ上げられた深層地下水は、世界的にも有名な日田天領水として知られています。

 

活性水素をはじめ、カリウムやナトリウムなどを豊富に含み、人間の健康的な生活にかかせない要素をバランスよく含有しています。世界的な評価も高い日田天領水は、2005年、2006年の連続でモンド・セレクションの最高金賞を受賞しているほどです。

 

これまでのウォーターサーバーの名水とは一線を画す名水『日田天領水』が、ウォーターエナジーの利用で家庭にて気軽に楽しむことができます。

 

ウォーターエナジーで現在展開されているサービスは、インターネットから契約した方にもれなく『ワクワクケトル』がプレゼントされることです。

 

ハンディタイプの湯沸かしポットであるワクワクケトルは、必要な時に必要な分だけスイッチ一つでお湯を沸かせます。火を使わないから安心・安全な上、お湯が沸いたら自動的に電源が切れる仕組み。

 

朝の忙しいときには、またとない便利アイテムです。また、コーヒー1杯分なら、電気代はわずか0.6円と経済的でもあります。電気ポットで保温し続けるよりお得なので、ウォーターエナジー導入を機に是非手に入れて利用してください。

 

▼ウォーターエナジーの公式サイトはコチラ▼

ウォーターエナジー

 

前ページ「アクアジャパン」 | 次ページ「エフィールウォーター

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他