クリティアの費用と特徴

クリティアの費用と特徴

クリティアは、サーバーレンタル費がキャンペーン中につき無料のウォーターサーバーです。富士山のバナジウム天然水を新鮮なまま自宅に宅配してくれるので、自宅で美味しい天然水を毎日飲むことができます。しかも、飲めば飲むほどお得になるサービスがあるので、いま注目されているウォーターサーバーの業者です。

 

▼クリティアの公式サイトはコチラ▼

クリティア

 

クリティアのウォーターサーバーには、卓上型と床置型の2種類があります。熱湯も冷水も簡単に注げるので、氷を準備したりお湯を沸かす手間が省ける上に節約につながります。熱いお湯が出てくることからチャイルドロック機能がついていて、小さなお子様が不用意に熱湯を出してしまうという心配がありません。

 

水のボトルは、ワンウェイ方式の使い切りボトルが採用されています。これだと、ボトルの回収がないので、常に新品のボトルをセットすることができます。使い終わったボトルが回収されるまで宅内に放置されるということも、なくなります。

 

使い切りボトルのメリットは、衛生面にもあります。水の量が減っていくにつれてボトルがつぶれていくので、余分な外気が入る余地がなく、空気中の雑菌などが水に入る心配が無用です。

 

クリティアの水は、富士山の地下約200mからくみ上げたバナジウム入りの天然水です。日本の名峰である富士山の地下には、ミネラル分を含んだ玄武岩が層を連ねています。富士山からの雪解け水や雨水は、地下の玄武岩を通ることでたっぷりのミネラル分を含むのです。

 

そうしてできた天然水には、天然バナジウムが1リットルあたり91マイクログラムも含まれています。現代人に不足しがちなミネラル分を、飲むだけで摂取できるというわけです。バナジウムの他にもカルシウムやマグネシウムがバランスよく含まれており、栄養豊富な水を簡単にとることができます。

 

通常、飲料水には加熱処理が義務付けられています。しかしクリティアは徹底管理のもと、非加熱常温充填システムを採用しています。クリティアが使用する原水は最高水準の清浄度を誇り、品質管理のための最新式設備を備えているのです。

 

天然水を非加熱のままボトリングすると、最も天然に近い状態のままで美味しく飲むことができます。そんなに味と安全性に優れた水を飲めるクリティアのサーバーレンタル料は、今ならキャンペーン中につき無料。

 

他社に比べても、かなり良心的な価格でサービスしています。12リットル入りのボトル1本分の値段は、1700円。市販されている500ml入りのペットボトルに換算すると、約70円ほどです。しかし、クリティアでは20本飲むたびにボトルを2本プレゼントするという独自のサービスを展開しています。

 

つまり、実質的な価格は、500mlあたり約64円なのです。市販のペットボトルは最低でも100円程度はするので、それに比べると4割も安い価格で高品質な天然水を味わえることになります。

 

心配な電気代は、電気ポット一台分相当です。温水も冷水も両方利用できるので、ペットボトルで水を冷やしている人や頻繁にお湯を沸かす人には節約のチャンスです。何より、毎日ペットボトルで水を購入しに行く手間が省けるのは、魅力的です。

 

▼クリティアの公式サイトはコチラ▼

クリティア

 

前ページ「オーケンウォーター」 | 次ページ「スマイルベビー水

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他