ウォーターサーバーにかかる電気代

ウォーターサーバーにかかる電気代

ウォーターサーバーを稼動させるには、電気が必要です。基本的に24時間電源を入れっぱなしで置いておくので、電気代を心配する方もいるでしょう。

 

サーバーのレンタル料や購入費用、毎月の水代などを割り出して市販のミネラルウォーターを購入する場合と比べても、電気代がかかることを忘れてしまっている場合があります。

 

電気代が予想以上にかかるとなれば、トータルでお得にならない可能性もあります。ですから、導入時には、維持費としての電気代も計算に入れておく必要があります。

 

実際には、ウォーターサーバーの電気代がいくらぐらいかかるのかというと、使用するウォーターサーバーの種類やサイズ、使用頻度によって異なってきます。

 

ただし、月額1000円前後という家庭が大半を占めているそうですから、そうそう大きな額とはいえません。よく比較されるものに、電気ポットがあります。

 

24時間稼動していて、いつでも熱湯が使えるという点は、確かに似ています。商品によって差はありますが、やはり電気ポットも月額1000円前後の電気代がかかる場合がほとんどです。つまり、電気ポットとウォーターサーバーの電気代は、ほぼ同等なわけです。

 

ウォーターサーバーの場合は熱湯の他に、5度前後の冷水もいつでも使用することが可能です。電気代を考えると、最もお得なウォーターサーバーに『Mizの樹』が浮上してきます。

 

他社のサーバーが月々1000円の電気代がかかるのに対して、『Mizの樹』は月々93円という圧倒的な安さを誇っています。電気代だけ見てみても、他社のサーバーより約900円もお得なのです。※現在一番安い電気代なのはアクアクララアドバンスです。

 

サーバーのレンタル代と水代だけで家計がいっぱいいっぱいとなってしまっては、困ります。電気代はあらかじめ調査しておき、エコのためにも節約できるに越したことはありません。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他