ウォーターサーバーの解約費用

ウォーターサーバーの解約費用

ウォーターサーバーを導入する際には、同時に解約に関しての契約内容も知っておくことが大切です。まだ設置もしないうちから解約のことを考えるなんておかしな話だと思うかもしれませんが、解約には費用がかかる場合が多いため、下調べしておくのが無難です。

 

何年も使用すると決めていない場合は、いずれ解約する可能性も少なくありません。解約については業者ごとに異なる規約がありますが、かかる費用は解約手数料・サーバー返却費などが主なところです。

 

解約手数料は、一律で徴収される場合と契約年数によって異なる場合、完全無料という3通りがあります。解約手数料が無料なのは魅力的ですが、選んだ業者が必ずしもそんなサービスを行っているとは限りません。

 

変動タイプなら、契約期間が短ければ短いほど解約手数料が割高になり、逆に長ければ手数料が割安になるという場合がほとんどです。

 

一律タイプなら、変動タイプの中間ぐらいの料金が設定されている場合が多く、短期で解約すると変動タイプより安上がりです。ただし、使用していた期間によっては解約手数料が無料になる業者もあります。

 

ウォーターサーバーを購入した場合は別ですが、サーバーレンタルをした場合は解約時に返却の必要が出てきます。サーバーの返却費用は、業者によって有料のところと無料のところがあります。有料の場合でも、契約期間によっては無料となる業者もあります。

 

また、サーバーを購入した場合でも、分割払いを選択していると解約時に残った残額を一気に返済しなければならない場合があります。

 

解約の際には、サーバー代金を支払済みかどうかを確認する必要があるでしょう。そういう意味では、解約の可能性も考えてサーバーを購入するかレンタルするか決めることも重要です。

 

サーバーは重量もあり、大きさもあるため、返送量が利用者負担となると思わぬ出費を招きます。解約費用も業者ごとに比較して、ウォーターサーバーの導入を決めるようにしましょう。

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他