ウォーターサーバーの水と費用

ウォーターサーバーの水と費用

業務用に普及してきたウォーターサーバーも、近年家庭用に普及が広まってくると共に取り扱う業者の数も増えてきました。どのウォーターサーバーを選んだらよいのか、選択のポイントのひとつには扱われている水があります。

 

ウォーターサーバーの業者では、水の宅配もセットにしている場合がほとんどです。業者によって水の種類も異なってくるので、合いそうな水をよく検討してみましょう。

 

ウォーターサーバーの水の種類には、大きく分けて天然水とRO水(ピュアウォーター)があります。この2つは、全く異なった特徴を持っています。水の質や味についての検討に加えて、費用がどのくらいかかるかについても、事前に把握しておくことをおすすめします。

 

天然水は、全国各地の天然水を地下から汲み上げたものです。当然ろ過はしていますが、化学的な処理は施していないため、カルシウムやマグネシウムなど天然のミネラル成分を豊富に取り入れられるのがメリットです。

 

人の体に必要不可欠なミネラルを摂取できますが、硬水の場合はよりミネラルが多いとはいえ人によっては飲みにくさを感じる場合があるようです。

 

RO水は、特殊なフィルターを使って不純物を限りなく取り除いた水です。ミネラル成分すら取り除かれているため、クセがなく、安全で飲みやすいのに加え、お茶や料理に適しているという特徴があります。

 

水の種類の他にも、配送地域やメンテナンス、価格、水の配送料など、最低限チェックしておきたい項目はいくつかあります。特に配送地域は対象外の地域もあり、送料を多く負担しなければならない場合もあります。

 

逆に、地域によって配送料を無料にしていたりする場合もあり、よく調べておくのが得策です。長く使うことになるウォーターサーバーですから、衛生面にも気を付けておく必要があります。

 

水を媒介にして増える雑菌は数えきれないほどあるので、定期的なメンテナンスや利用者によるお手入れが簡単であるなどのポイントを押さえておきましょう。

 

価格は、本体の購入あるいはレンタル代の他、水代やサーバー設置代などが必要になる場合もあります。諸経費が案外かかるケースもあるので、細かい点も見ておくことが大切です。

 

電気代は、月々100円から2000円ほどと開きがあるようです。一ヶ月にどのくらいの水を利用するかなどでもトータルのコストは違ってくるので、それぞれの費用の目安は慎重に計算してください。

ウォーターサーバーの水と費用関連ページ

ウォーターサーバー設置の必要経費

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他