ウォーターサーバー設置の必要経費

ウォーターサーバー設置の必要経費

ウォーターサーバーを購入しようか検討し始めると、気になってくるのがコストの問題でしょう。ウォーターサーバーを導入するにあたって必要になってくるコストは、本体の購入費あるいはレンタル料・水の代金・電気代などがあります。

 

他にも、メンテナンス費用や水の宅配費用など、利用するための維持費も事前にしっかりチェックしておく必要がありそうです。料金は、全てにおいて業者ごとに違ってきます。トータルの費用を計算して、比較検討するのがベストといえるでしょう。

 

まず最低限必要なのは、本体の購入費あるいは、レンタル費用です。ウォーターサーバー本体は、一括で購入するか月々のレンタルで利用するかの選択ができます。購入の場合には、30000円〜100000円とかなり幅があります。

 

レンタルをする場合には、月々1000円前後とリーズナブルな場合がほとんどです。中には、宅配水の契約をすればレンタル費は無料という業者もあります。

 

一般家庭に急速に普及した理由は、レンタルの手軽さにあるといえるでしょう。レンタルが主流となった現在ではサーバーの購入価格を前面に出している業者は稀ですが、長期間使用することが決まっているなら購入を検討してみるのもよいでしょう。

 

ウォーターサーバーで使用する水は、サーバーの業者ごとに専用の水が用意されている場合がほとんどです。サーバーのレンタルあるいは購入と同時に、宅配水の契約も結ぶようになっています。水の料金は業者ごとに異なり、数種類の水を提供している業者もあります。

 

平均相場は、12リットル入りのボトル1本で1000円〜2000円程度です。本体のレンタル料金を有料にしている業者のほうが、水の料金を抑えてサーバーレンタル料無料の業者と価格の差に開きが出ないように工夫しています。

 

水の料金に加えて必要になってくるのが、宅配サービス料金です。現在、ほとんどの業者では、ウォーターサーバーや水の宅配費用は無料でサービスしています。

 

ただし、地域によっては宅配を有料としている業者が多く、無料で宅配してくれる業者かどうかという点も業者選びのポイントになってきそうです。

 

使い切りボトルではなく、ボトルを回収して再利用している業者では、地域によって回収費用を徴収している場合があります。この点にも、注意が必要です。

 

ウォーターサーバーは常に衛生的に管理されている必要があるので、定期的なメンテナンスが欠かせません。毎日の簡単なお手入れの他にも、ときにはサーバー内部のメンテナンスを業者に行ってもらう必要が出てきます。
やはり業者ごとに設定が異なり、無料のところもあれば年間に5000円以上徴収する業者もあります。メンテナンス費用が無料の場合でも、その頻度や内容は様々です。メンテナンスについては、特に慎重に検討してみることをおすすめします。

 

この他、利用方法によっては別途料金が必要になってくる場合があります。水の購入数の下限が設定されていたり、購入本数が一定数におよばないと追加費用がかかるなど、オプション的に設定された費用には注意しておく必要があります。

 

カタログに小さく表記されているコメントなどにもよく目を通して、検討することが大切です。費用の検討はそもそも大変なことですが、ウォーターサーバー業者が増えている中、細かくチェックしていくことは重要な作業です。レンタルとしても毎月の経済負担になることですから、事前の調査はしっかりしておきましょう。

 

便利で役に立つウォーターサーバーではありますが、使うシーンやそれぞれの事情に合わせて上手な業者選びを行ってください。

ウォーターサーバー設置の必要経費関連ページ

ウォーターサーバーの水と費用

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他