ウォーターサーバー 人気 ランキング

ウォーターサーバー最新人気ランキング

昨今の震災の影響もあり、現在ウォーターサーバーを各家庭で利用する方が急増しています。それと同時に様々なウォーターサーバーを提供している会社が存在しており、一体どれを選べば良いのかわからない方も多いと思います。

 

当サイトでは、そんな方のためにウォーターサーバー会社の各種比較・解説を行い、また、人気のモノをランキング形式で紹介していますので、ぜひご参考ください。

 

まずは無料で試してみよう♪ ⇒⇒⇒ 無料で試せるクリクラの詳細へ

ピックアップウォーターサーバー

ピックアップした注目ウォーターサーバーは、キリンビバレッジのアクウィッシュ。飲料水メーカーのキリンが提供し、こだわりの富士山の天然水を使用した天然水サーバーになります。

 

サーバーレンタル料・全国配送料・メンテナンス費用が全て無料となっており、かかる費用は天然水のみとわかりやすい明朗会計です。

 

 

1パック 1回配送ごとに1箱 500mlあたり キャンペーン
1132円(税込) 1箱4パック4528円(税込) 約79円 プレゼント付

フレシャス 2013年度人気No.1
 

フレシャスは、2012年度のオリコンランキングで第1位を獲得した女性を中心に注目を集めるオシャレなウォーターサーバーです。水ボトルの容量が7Lと4.5Lの軽量タイプとなっているため、力のない女性でも手軽に利用できます。また、サーバーデザインも女性好みのスタイリッシュなデザインとなっており、お部屋のインテリアにも溶け込みます。今なら公式サイトからレンタル・配送料無料で注文可能です。

 

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
2200円〜 1本7L レンタル・配送料無料
アルピナウォーター 毎月のノルマ無し! 今注目のウォーターサーバー
 

アルピナウォーターは、他社と比べて圧倒的なローコストを実現した、関東を中心に注目を集めるウォーターサーバーです。1回の配送が3本〜ですが、毎月の注文ノルマが無いため、好きなときに好きな分だけ飲用可能。そのため、1人暮らしの方をはじめ2人世帯・4人世帯など幅広いご家庭に愛用されています。また、アルプスから採取された新鮮で良質な天然水も評判です。今なら公式サイトよりお得な初回セットの申込が可能です。

 

 

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
2590円〜 1本12L

毎月の注文ノルマ無し

お得な初回セット申込可能

ブルーウォーター 足元ボトル 設置楽チン

ブルーウォーターは、メンテナンス・レンタル・配達・初回のお水が0円という余計な費用がかからない良心的なウォーターサーバーです。お申込も簡単でお好みのサーバーと水の種類を選び、水の個数と配送間隔を決めるだけでOK。万が一のサーバー故障の際も無料で修理・交換と安心です。さらに、設置は配送業者さんが行ってくれるので楽チン。今無料お申込すると最短2営業日でご自宅へ出荷できます。また、今なら6大特典付でお申込可能です。

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
3693円〜 1本12L

6大特典付

無料お申込可能

クリクラ 無料お試し可能

クリクラは、クレヨンしんちゃんが出演しているCMでおなじみの宅配水市場売上高第1位のウォーターサーバーです。サーバーレンタル料や配送料が無料で1ヶ月にかかる費用はボトル代(水代)だけ。また、業界最高水準の水質検査や品質管理のため、安心安全に利用できます。今なら公式サイトから1週間の無料お試しが可能です。

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
1260円〜 1本12L 1週間無料お試し
コスモウォーター 各種手数料無料

コスモウォーターは、ご愛飲件数61万件を突破した顧客満足度の高いウォーターサーバー会社です。選べるサーバーをはじめ、選べる4種の天然水など自分の好みに合わせたセレクトができるため、こだわりの強い方におすすめ。また、天然水の放射性物質の検査もバッチリですので、小さな子どもがいる家庭でも安心です。今なら公式サイトで安心スタートキャンペーン実施中です。

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
2394円〜 1本12L

安心スタート
キャンペーン実施中

アクアクララ 業界最安の電気代

アクアクララのアクアアドバンスは、業界トップクラスの最安値電気代を実現した省エネ機能が充実したウォーターサーバーです。1ヶ月最低350円程〜の電気代となっており、従来の最大約65%の電気代削減となっています。また、省エネだけでなく、チャイルドロック機能や冷水・温水機能など基本性能もしっかりしてしているのでおすすめです。今なら公式サイトからスタートアップパックで申込可能です。

 

1ヶ月換算使用料 水ボトル容量 その他
5355円〜 1本12L

サーバー設置月無料
初回ボトル3本で1260円

 

ウォーターサーバーの比較一覧

 

無料お試し
トータル費用
1ヶ月の電気代
サーバーサイズ・大きさ
水の賞味期限
解約手数料

 

安全で便利なウォーターサーバー

安全できれいな水をいつでも手軽に飲める給水&給湯機器が、ウォーターサーバーです。専用のミネラルウォーターのボトルをセッティングすると、好みで冷水・温水のいずれかの状態で使用できます。

 

もともと業務用に開発された機器で、会社などに設置されているウォーターサーバーを利用していた人もいるでしょう。最近では水の安全性や重要性に目を向ける人が増えてきたため、家庭用としても広く普及しています。

 

衛生的かつ利便性と経済性に優れているのが、ウォーターサーバーを導入するメリットです。ウォーターサーバーは高価なぜいたく品とイメージされがちですが、実際にはそうとも言い切れないようです。

 

ペットボトルなどでミネラルウォーターを購入している場合と比較すると、ウォーターサーバーを設置して水を宅配してもらうほうがお得な場合が少なくありません。

 

ウォーターサーバーの水は、サーバーを扱う業者が特定の水源から採水した水をろ過したものです。厳しい衛生管理の下でボトリングされているため、有害物質混入の心配がなく、新鮮なのが信頼される理由のひとつ。そんな水を宅配してもらえるので、重いペットボトルを抱えて買ってくるよりも楽に美味しい水を楽しめます。ウォーターサーバーには水を衛生的かつ安全に保存する機能が備わっているので、常にきれいなままの水を飲めるのです。

 

12リットル入りのボトルで平均1500円前後で購入できるのが普通ですから、ペットボトルのミネラルウォーターを購入するより断然お得です。電気代を心配している方も、ご安心ください。電気ポット1台分より電気代が安いウォーターサーバーがほとんどなのです。冷水にも温水にもできることを考えると、かなりの節約につながるといえます。

 

ウォーターサーバーの水は、サーバーを取り扱う業者が自宅まで宅配してくれるようになっています。自ら買いに行く必要がないので、小さなお子様がいるご家庭やお年寄りなど、買い物に不自由がある方々にも好評です。

 

ウォーターサーバーにボトルをセットすると、サーバー内部の貯水タンクに水が供給されます。タンク内の水が減少すると、自動的にボトルからタンクへと水が流れる仕組みになっています。つまり、利用者側ではボトル内の水がなくなったときにボトルを交換するだけでよいのです。

 

サーバーの蛇口をひねるだけで、いつでも冷たい水やお湯が出てくるので、飲用するだけでなく調理用のお湯にも便利です。冷水は5〜8度、温水は80〜90度前後になって出てきます。水を冷やしたり沸かしたりする燃料費も、節約できますね。

 

ウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの家庭利用ブームに火が付き、いまやいろいろな会社が取り扱うようになりました。サーバーの機械システムは、ほとんどの業者で全て同じといっても過言ではありません。

 

従って、選ぶポイントは、水質といってもよいでしょう。各社で、さまざまな水質の水を取り扱っていますが、独自の方法でろ過する浄水が売り物のタイプとミネラルウォーターなどの天然水を売り物にしているタイプの2種類が挙げられます。水の値段は各社で異なるものですので、予算も含めて慎重に検討してください。

 

定期的に購入が必要なばかりに水の値段が一番に気になってしまうでしょうが、サーバー自体にも購入費あるいはレンタル料が発生します。業者によっては、水の購入を前提にサーバーのレンタル料を無料にしているところもあります。水の料金同様に、サーバーのレンタル料も業者を選ぶときの決め手になるでしょう。

 

あまり気に留めることがないのがサーバーの構造や水の安全性ですが、これらも重要なポイントです。空気中にはたくさんの菌やウイルスが蔓延し、水の大敵となっています。

 

ウォーターサーバーの水が空気に触れるようなことがあれば、その水はあっという間に雑菌やウイルスに侵されてしまう恐れがあります。水容器の取り出し口に空気が触れる部分などがないか、また使っている間に水に空気が混ざってしまうようなことがないかどうか、よく確認しておきましょう。

 

水のボトルの保管場所は、意外なウォーターサーバーの落とし穴です。配送ルートも業者によって様々で、2個以上の注文でないと配送料がかかったり、配送日は業者の指定で行われるなどが例として挙げられます。

 

一度にまとめて配送料を安く上げても、それと同時に保管スペースを準備しておかなければなりません。配送日が指定されている場合には、空きボトルを何日間も保管しておくスペースもいります。ほとんどの業者ではボトルを再利用していて回収しているため、廃棄することができません。

 

折りたたんで処分できる使い捨てタイプのウォーターサーバーもありますが、業者を選ぶときにはそのような点も注意しておく必要があります。

★最新人気No.1はコチラ★

ウォーターサーバーの比較

お役立ちガイド

ウォーターサーバー 一覧

その他